HOME > フィールドのこだわり

フィールドのこだわり

一台一台の車にこだわり、お客様のニーズのワンランク上のカスタムを仕上げる、有限会社フィールド社長 石原達志にカスタムへの思いを語っていただきました。

取材日時 2009年1月30日

カスタムカーに触れるきっかけ
━━━ やはり小さなころから車が好きでしたか?

「親父が車屋をやっていたから、小さいころから車は常にすぐそばにある環境だったね。車がオモチャっていうか、それが自然というか。
当然、18歳になったらすぐに免許を取ったよ。一番最初はランタボに乗ったんだよ。
それから、パジェロ、クラウン、インフィニティとか、いろんな車に乗ったね」

━━━ そのころから、自分でカスタムされていたんですか?

「いや、そのころは特にカスタムはせず、ノーマルだったよ。
カスタムは、勤め先の自動車工場で板金とかの仕事をしていて、その合間にときどきやってた程度だったね。そこでしばらく勉強したあと、独立するときに、板金だけではつまらないし仕事もあまり多くないだろうから、『カスタムをやりたいな』と思い立ってはじめたんだよ。今後は需要が見込めると思ったしね」

━━━ 最初から、いろいろな車をカスタムされていたんですか?

「最初は、アメ車が多かったね。そういう時代だったしね。それからだんだんカスタムできる車が増えていって、今はアメ車以外にフェラーリでも、ポルシェでも、どんな外車もカスタムできるようになったよ。やっぱ経験がものを言う世界だからね」
すべての外車OK!
━━━ すべての外車と一言で言うと簡単ですが、さまざまなメーカーがありますよね?
スーパーカーとかもカスタムするんですか?

「もちろん!スーパーカー世代だからね!最初にうちにカウンタックが来たときは、正直感動したよ。『俺もこんな車が触れるようになったか』ってね」
最高のこだわり
━━━ いろんなカスタムカーを作ってこられたと思いますが、一番頑張った、印象に残っている車は何ですか?

「それなら、最近作ったクラウンかな。ボンネットに大画面液晶テレビ付きで、4枚すべてガルウィングなんだよ。自信満々でX5(クロスファイブ)のショーに出したんだけど・・・賞はもらえなかったよ。あれは多分(以下自粛)」
一番得意な車
━━━ えー話を戻しまして(笑)。得意な車はありますか?

「得意というならコルベットだね。ただ、C4以外。C4はすぐ壊れるからなあ。C3、C5、C6がいいね。
とくにC3は、古い車だから不具合も多いけど、大事に乗ってくれるオーナーも多いからね」
将来の夢
━━━ 最後に、今後の展望を教えてください。

「これまでラグジー(ラグジュアリーカスタム)を多くカスタムしてきたけど、これからは、国産VIPの時代だと思ってるから、そっちに力を入れていきたいね」

━━━ 国産VIPの良さとはなんでしょうか?

「とことんカスタムして、大切に乗ってることかな。国産VIPのオーナーは、みんな愛着とこだわりがある。あれだけ大事に大事に乗ってたら、車冥利につきるよ。より精度の高いカスタムをしたいって思うね。
最終的には、うちでカスタム元の車を販売して、お客さんがゼロからカスタムカーを楽しめるようにしたいね。サーキットとか、イベントもやりたい。そのためには、がんがん仕事を増やさなくちゃな。」

━━━ これからもいっそう頑張ってください。ありがとうございました。
塗装カスタムポルシェカスタム2カスタム1カスタム3
前のページに戻る このページの先頭へ